投稿失礼いたします

No. 1

img

こちらのラフと向き合って早7日。「指、腕の長さ」について悩んでいます。
宜しければお力添えいただけないでしょうか。内容は下記のとおりです。よろしくお願いいたします。

①指は自撮り写真や、上手い方の絵を参考に描いてみましたが、見え方、長さ、太さなどこれで良いのか、どこが間違っているのかを自分でなかなか判断できず、時間だけが経過してしまいます。絵は資料を見て、描き方を理解した上でトライを繰り返すものだと理解しているつもりなのですがなかなか難しいです。赤ペン等でアドバイスいただけますと幸いです。分からないなりに最短で、次回から自力で解決できるようになりたいです。

②腕の長さについて。腕の長さは上腕と下腕で同じ長さなのは理解しているのですが、手首の位置を決めていざ描こうとすると、なかなか同じ長さでそろえることができません。ポーズによってはパースがついて見え方が変化すると思うのですが、これは計算ではなく、感覚で帳尻を合わせるものなのでしょうか?上下どちらかが短く見えるとしても、それはどれくらいなのか、自分の中ではっきりとした答えを出すことができずアタリをとるができません。きれいに描ける方はどのように解決しているのでしょうか?ご教授いただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

コメントする

コメント
画像

No. 2

> ポーズによってはパースがついて見え方が変化すると思うのですが、これは計算ではなく、感覚で帳尻を合わせるものなのでしょうか?
自分の経験があった上でだいたい感覚でできる様になりますよ。計算ずくで絵を描いてみたとか、ひたすら変に思うところを直してみたとか、比率を勉強してみたとかいろいろやってみるのがおすすめです。
あと7日間も同じ絵を見てるとよくわからなくなるので、違う絵を描いたほうがいいですよ。

No. 3

アドバイスありがとうございます。

結局のところ、自分で「見て、分析して、直す」しかないようですね。
適度に時間決めてチャレンジしたいと思います。
ご意見いただきありがとうございました。

No. 4

img

赤してみました。

>>2さんの言うとおり、7日かけるよりは別のアプローチで別の絵をばんばん描いたほうがいいかと思います。
絵の方はおそらく絵を2次元に折りたたもうとしちゃってるのでこうなるのかなと思いました。手前に出して、大きさを調節するとそれっぽくなりますよ。
それと分析するには上手い人の絵のトレスとかも有効かと。

パースのきいた絵は結構感覚の占めるところが大きいのでいろいろな種類の絵を描いて練習してみてください

No. 5

3番様
赤ペンありがとうございます。

どうも理屈至上主義になっていたようで、感覚を養うという視点が抜けているように思いました。
添削していただいたイラストを見るまでは、上腕の長さをこんなに短く描く、描いてよいという考えがまるでありませんでした。
分からないものを長く考えすぎるよりも、もっと素直に研究して知識を付けた方が良いかもしれませんね。

今回のご意見は大変勉強になりました。貴重なお時間を割いていただきありがとうございました。
早速、練習させていただきます。

コメントする

コメント
画像